スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンとメリーの木

ケンとメリーの木

ケンとメリーの木は1976年の日産スカイラインのテレビCMに登場したポプラの木で、いまも美瑛の代表的な観光スポットとして多くの観光客が訪れています。CMは15作目の「地図のない旅」編というもので、秋の収穫が終わった丘の上に夜明けの光を浴びて立つ、この木が映し出されています。

ケンとメリーの木

冬のケンとメリーの木です。この木は西側から少し離れて撮影すると、十勝岳連峰を背景にすることが出来ます。晴れた日の午後がベストでしょう。

ケンとメリーの木

ポプラの木の寿命は80年ぐらいといわれていますから、2023年には百歳になるこの木は相当の老木です。いつまでもこの姿をとどめていて欲しいものです。

ケンとメリーの木

この木の近くにはペンションがあり、カフェテラスではソフトクリームやコーヒーも販売しています。美瑛の他の有名な木とは違い観光との両立も上手くいっているようですが、周囲の畑への立ち入りは厳禁です。

ケンとメリーの木 | 美瑛時間:美瑛町観光情報サイト - 美瑛町観光協会

勇駒別湿原

勇駒別湿原

勇駒別(ゆこまんべつ)湿原は旭岳ロープウェイ山麓駅の裏手に広がる湿原です。湿原といっても周囲1キロにも満たない空き地のような場所ですが、毎年5月下旬から6月上旬にかけてエゾノリュウキンカの大群落を見ることが出来ます。

勇駒別湿原

エゾノリュウキンカはヤチブキとも呼ばれるキンポウゲ科の多年草で、北海道では、ごくありふれた花ですが、ここまでの大群落を見ることはそうありません。ちなみに旭岳の頂上が見える場所は湿原内ではこの撮影ポイントだけです。

勇駒別湿原

エゾノリュウキンカとミズバショウは、ほぼ同じ時期に咲きます。また同じように湿地を好んで生育しますが、ほとんど混在せずに住み分けてられているのが面白いですね。

勇駒別湿原

勇駒別湿原まではロープウェイ山麓駅の駐車場から木道が整備されていて、距離は200mぐらいです。ただエゾノリュウキンカの咲く時期は、木道にところどころ雪が残っている場合があるので、足元には気をつけてください。

十勝三股のルピナス

十勝三股

十勝三股は旧国鉄士幌線の終着駅で、昭和30年代には最大1,200人以上の人が住んでいましたが、林業の衰退により現在は2家族が住むのみとなりました。その一軒は三股山荘(飲食店)です。 この一帯は、かつて民家の庭先に植えられていたルピナスが野生化して広がり、6月下旬から7月上旬にかけて花を咲かせるようになりました。

十勝三股

ルピナスは和名をノボリフジというマメ科の植物で、花は写真のとおり上を向いたキツネの尻尾のような形をしています。  花の色は紫、白、ピンクと様々ですが、ここでは紫色の花を咲かせるものが多数を占めていました。

十勝三股

ルピナスはラテン語のオオカミを語源としています。どんな荒地にも生育する生命力の強さを表したものだそうですが、まさにその通りで国道脇の 歩道の周りにも一面に広がっています。

十勝三股

5月中旬の十勝三股です。このあたりの白樺林はとても美しいものがあります。3枚目の写真とほぼ同じ場所での撮影ですが、たった1月半で季節が 春先から盛夏に変わっていますね。

十勝三股 | 上士幌町観光協会/四季折々の感動エリア ひがし大雪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。